行政の将来を考える会

省庁や官民の枠を越えて日本と行政の将来のあるべき姿を議論しよう!
<< 第99回例会「『実践する経営』とは何か−リーダーに求められるもの−」を開催しました | main | 第101回例会「21世紀の医療はどうなるか?情報革命が医療現場に与えた影響」を開催しました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / - / -
第100回記念講演・交流会を開催しました
「行政の将来を考える会(行政会)」は、1996年4月の人事院行政研修(課長補佐級)を機に、省庁や官民の枠を超えた発想や情報を活用し、単なる個別政策の寄せ集めでない心の通ったより良い行政を実現するために、10年以上にわたり例会を開催してきました。当初の研修員を核として、例会にお招きした講師や同僚なども次々と参加するようになり、輪が大きく広がってきました。ともすれば各自が所属する組織で内向きの生活を送りがちな中で、様々な分野の第一線・現場で活躍される方々のお話を伺い、新たな出会いと視点が得られる場を提供し続けてきました。これまで多くの皆様に参加いただき、幹事一同、心より嬉しく思っております。

例会が第100回を迎えるに当たり、行政研修の際に人事院公務員研修所教務部長を務められた人事院公務員研修所長の菊地敦子氏、そして政策課題研究を担当された国際基督教大学教授の西尾隆氏をお招きして、7月19日(木)に国家公務員研修センター(東京都文京区小石川)で記念講演・交流会を開催し、約30名が出席しました。

菊地所長の講演「これからの日本を担う人材を如何に育てるか−人事院での行政研修の経験を踏まえて−」、西尾教授のコメントに引き続き、出席者間でこれまでの活動を振り返りつつ交流を深める良い機会となりました。
Posted by gyosei-kanji
例会のご報告 / comments(0) / trackbacks(1)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / - / -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://gyosei-kai.jugem.jp/trackback/28
TRACKBACK
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/17 1:23 PM |
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
FAVORITES*

Atom0.3
RSS1.0
Login
Powered by JUGEM


SPONSORED LINKS